バルトレックスジェネリックで経済的に治療

バルトレックスは、もともとはイギリスに本社のあるグラクソ・スミスクライン社が開発した医療用医薬品であり、ヘルペスウイルスが人体に感染して起こるヘルペスの治療に効果があります。
ヘルペスに罹ってしまうと、皮膚に水ぶくれができて痛みがともない、やがてつぶれて赤くただれてしまいます。人によっては高熱が出たり、水ぶくれのある付近のリンパが腫れたりもします。
こうした症状が出た場合には、有効成分が1錠につき500ミリグラム含まれたバルトレックスを、1日2回の頻度で5日ほど継続して内服をすれば、ウイルスの増殖が抑制され、症状が快癒するとされています。
そのほかにも、性器に水ぶくれができる性器ヘルペスでは、このバルトレックスを通常の量の半分、要するに1日1回の頻度で毎日継続して内服することで、病気の再発を予防する効果があるとされています。
日本国内ではバルトレックスのような医薬品は処方箋薬にあたり、医師の処方箋がないと手に入れることは原則としてできません。ただし、自己使用が目的で1回につき1か月の量までであれば、個人輸入という形式で、海外から通販で購入することも認められています。
特に、性器ヘルペスのような性病では受診もしにくいですし、予防目的で毎日バルトレックスを服用というのであれば、薬代の捻出も大変ですが、個人輸入はこうしたときに役立ちます。
個人輸入であれば、ジェネリック医薬品とよばれる、バルトレックスとまったく同じ有効成分を含有した後発の医薬品の購入もできますので、通常の手段よりも、はるかに経済的にヘルペス治療をすることができます。インド製のバルトレックスジェネリックなどは割と人気のもので、価格としては先発品の半分以下となっています。

バルトレックスとゾビラックスはどちらがお得か

ゾビラックスとバルトレックスは、実はどちらもイギリスに本社をおくグラクソ・スミスクライン社が開発した医薬品で、ヘルペスや水ぼうそうなどの疾患に効果があります。
特に、性器ヘルペス症などは、性行為のときに相手との粘膜の接触などによってヘルペスウイルスが感染して起こるものですが、はじめてこの病気に感染したときには、性器やその周辺に水ぶくれができて痛み、かゆみが発生し、さらには発熱やリンパ節が腫れ上がるといった、つらい症状がみられることが多いものです。
そこで、抗ウイルス薬を内服する必要が出てきますが、どちらの医薬品であっても、ウイルスDNAの複製を妨害して、ウイルスが増殖できなくなるようにするはたらきがありますので、5日分ほどの投与で症状は改善されます。
その際にはたらく有効成分そのものも、実は両者ともかわりがないのですが、バルトレックスのほうは、塩酸塩という、より水に溶けやすくて精製しやすいかたちに工業的に加工されており、1錠あたりの有効成分の含有量も高めになっています。
そのため、バルトレックスは成人の場合は1日2回、1回1錠の投与ですむため、服用のしやすさからいえば、バルトレックスのほうに軍配が上がります。
1錠あたりの単価はバルトレックスのほうが高めですが、国内の医療機関から処方を受ける場合には、保険適用とのかねあいから薬価が調整されていますので、1日あたりで必要な有効成分の量から値段を換算すると、実はバルトレックスのほうが多少安いという結果になります。
ただし、海外からの個人輸入の場合には、ジェネリック医薬品などもあり、両者の値段が逆転して、ゾビラックスのほうがかなり安価となりますので、入手ルートによってどちらがお得かというのは変わってきます。