無料検査を受けられるヘルペスの意味とバルトレックス

ヘルペスの意味は、簡単に言えば「水ぶくれができる病気」です。ヘルペスウィルスによって起こるのは、単純疱疹、帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)などです。
性器ヘルペスは「性器とその周辺にあらわれる水ぶくれの病気」を意味します。性器ヘルペスの原因は単純ヘルペスウィルス2型(HSV-2)で、口唇ヘルペスは単純ヘルペスウィルス1型(HVS-1)、水ぼうそうは水痘・帯状疱疹ウィルスが原因で感染します。
口唇ヘルペスは「口にできる水ぶくれの病気」を意味します。
性器ヘルペスと口唇ヘルペスは、ウィルスの違う種類のウィルスによって起こりますが、オーラルセックスによって性器と口が接触することで、口から性器へ感染したり、逆に性器から口へ感染することもあるので、両者の違いの判別は難しくなっています。
性器ヘルペスや口唇ヘルペスのような性病の無料検査が受けられるのは、保健所です。病院でも検査を受けることはできまうが、検査代、診察料、初診料、などが別にかかります。また、症状が出ていない場合には保険がきかないこともあります。
保健所の無料検査はエイズの検査をメインにやっていますが、タイミングがあえば受けたい検査を実施していることもあります。自分が調べたい性病の無料検査をやっていないかをチェックしてみると良いでしょう。
検査方法としては、他にも自宅でできる検査キットを使った方法もあります。
バルトレックスはヘルペスの再発防止に有効な薬です。ヘルペスウィルスそのものを体からいなくするのは、現代の医学では不可能ですが、バルトレックスを使うと体内のウィルスの増殖が抑えられるので、再発防止に役立ちます。
バルトレックスを使うことで、再発のリスク、周囲に感染させてしまうリスクを下げることが出来ます。